もう11月も半ばとは、
なんて早いんでしょうか・・


先日の博多の道路陥没、
あんな大きな穴が空いたのに、
復旧工事の速さに、ビックリしてしまいました

夜中の工事の様子とか見てたら、
なんか感動しちゃいました

すごいですよね~


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

またまた長くなっちゃったので、
お時間ある方だけどうぞ~


先週、旦那と初めてお山を登って来ました~(^^)/

行ったお山は、『世界一登山客の多い山』

東京の『高尾山』です(^^)/

599Mのお山なんだけど、最近はパワースポットと言われて、
大人気なんだそうです

高尾山電車~
高尾山仕様の電車に乗って、行って来ました

最近はいつ行っても混んでると聞きますが、
今は紅葉シーズンなので、
激混みでした~

高尾山に到着すると、ホームの中も外もすでにすごい人でした
クゥパパ

嬉しくって写真を撮り、しゃべりまくる私に、
旦那が冷たい一言
「今から興奮してどうすんの?早く行くよ!」

ムカつきます・・・・・

駅からの道

ぞろぞろと人の後ろを歩いて、山の入り口へ

お山の入り口
左側の人たちは、ケーブルカーとリフトに並んでる人たちです
すごく混んでました

私は最初旦那に、
「登りはリフトで行って、帰りは歩いて山を下りようよ」って言ったんです

だって、599Mのお山とは言え、やっぱり山ですよ
登るのはキツそうでしょ~

私、体力はあるけど、根性がないので(笑)
途中までリフトがあるんだから、リフトで登ればいいじゃん♪って言ったのに、

「ダメダメ、歩いて登るに決まってんだろ!」と、言われてしまい、
初めて、下から頂上まで自分の足で登ることになってしまいました

高尾山には、いくつかの登山ルートがあります

高尾山登山コース
一番初心者向きなのは、道路が広く舗装されている1号路です

旦那に選ばせたら、絶対一番大変なルートになると思ったので、
私は、「じゃあ、初心者だから1号ルートね!!!!」と、
初心者向きの、1号ルートを選んだのですが・・・

1号路、なめちゃダメですよ~~~~~
確かに、道は舗装されてるけど、急勾配の坂道が続くので、
きついったらありゃしない!!
舗装されてるから初心者向きってだけで、
ちっともラクチンなルートじゃないです

急斜面の坂道はきつい!!
登り始めて1分で無言になり、息が切れ始めました~(早っ笑)

私は旦那といると、いつも一人でしゃべっている事が多いのですが、
さっきまでご機嫌でずっとしゃべってたのに、急に無言になったから、
旦那も(ヤバい・・・)って、思ったらしいです

だって、坂道急すぎて、ゼーゼーしちゃって、
マジで苦しかったです

根性も肺活量もないから、走っててもすぐ歩いちゃうってのに、
でも、お山の頂上でおにぎり食べるには、登りきるしかありません。
(一人だったら下りてリフトに並んじゃうけどね~

ゼーゼー言いながら「上着脱ぐ・・・」とボソッと言って上着脱いで、
持ってた荷物は全部旦那に持ってもらいました

でも、辛い
苦しくて苦しくて、
写真撮る余裕もないです

坂の折り返しの所では、みんな休憩してました
座ってお弁当食べてる人たちもいましたよ

1号路~
ピースなんてしてるけど、実は苦しくて不機嫌だった私

心の中で、
(別にリフトでいいじゃん!リフトがいいって言ったのにさっ!!
だいいち、これじゃただの坂じゃん!山じゃないじゃん!
坂道登るために来たんじゃないのにさっ!!
こいつ、老後寝たきりになったら覚えておけよーーー)
と、神聖な山でそんな事ばっか思いながら登ってたんだけど(笑)

それには理由があるんですよ!

だって、旦那がスパルタなんだもん
旦那は、スポーツして鍛えてるから、
息が上がることもなく、平然と登ってて、

「俺、全然平気^^
走って登れると思う」

とか、言うから、またそこがムカつくし、
私が、ゼーゼー言いながら、「ちょっと休憩させて・・・」と、ボソッと言うと、
(苦しくて声が出ないんです)
「え?もう?」とか、「また?」とか言うし、
その休憩も、30秒くらい・・・

と、言いつつ、
私も死ぬほど苦しくてゼーゼーしてるのに、
立ったままでお水3口飲めば、すぐ復活しちゃうの(笑)
そしてすぐ登りはじめられるので、
私もまだまだ若いな!って思ったりして(笑)(若くないんだけどね~)

他の皆さんは、折り返しの所で座り込んで休憩してたけど、
一度も座らなかったし、

心臓破りの坂を、
苦しくて苦しくて、ゼーゼーハァハァしながらも、
なんだかんだで、ごぼう抜きで登ってしまったのでした

死にそうに苦しいって言ってんのに、こんな急こう配をごぼう抜きですよっ!!
1号路はきついよ

だって旦那が、
前に人がいると、
「よし、この人たちだけ抜かそう」って言うから、
前の人を抜くと、
すぐまた他の人が前にいるから、
すると、またその人たちを抜く・・・

そのうち、旦那に言われなくても前の人を抜いてしまうと言う・・

で、結果、
かなりのスピードで登ってしまったのでした(笑)

やっと中間地点
リフトやケーブルカーの駅のある地点に到着
中間地点

景色がいいです

歩いて登って来た人たちは、もうここでお弁当食べてる人もいっぱいいました
景色

有名な「たこ杉」の周りは人だらけだったので、
ささっと写真だけ撮りました
たこ杉

ここら辺はお店もあるので、
私も何か食べたり、おみやげ見たりしたい・・って思ったんだけど、
スパルタ旦那はさっさと行ってしまいます

そして旦那が、
「ここから4号路を登ろう」と、言い出しました

4号路の方を見ると、
下ってる・・・・・

4号路

ここまで苦労して登って来たのに、わざわざ下るなんて・・・(T_T)
と、思ったけど、まだゼーゼーしてるので反論出来ず・・

ここからは舗装されてない山道です

4号路~

写真では分かりにくいけど、
横は急斜面の崖です

4号路♪

吊り橋が見えました~
吊り橋

吊り橋~

吊り橋~♪

木のトンネル

やはり登りなので、ゼーゼーしたけど、
でも、前半の舗装された急斜面と違って、
山道はとっても楽しかったです(^-^)/

4号路登り中

4号路~

木の根っこ

と、楽しんで登っていたら、
開けた場所に出て、山頂に到着しちゃいました!

え~?もう?
まだまだ倍以上は登れたのに~

山頂~

噂には聞いていたけど、
高尾山山頂は、すんごい人

せっかくだから、記念写真を・・と思ったら・・
混んでます
高尾山山頂マークと写真撮るのに、長蛇の列だったので、
すぐに諦めました

いい眺め

おにぎり~
おにぎり
コンビニおにぎりだけど(笑)
美味しかった~~
どうしておにぎりってこんなに美味しいんでしょうか

富士山もキレイに見えてました
富士山
富士山は、365日24時間、誰かしらが登っているそうです
今もあそこに登ってる人がいると思うと不思議だし、
あそこに登ったかーちゃんはすご~い(^∇^)ノ

帰りは、6号路を行くことにしました

細い道が多く、混んでる時期は危ないので、午後2時まで登り専用です
係の人がいるわけではないのに、
みんなちゃんと6号路の入り口で2時まで待ってます
6号路
ただ、2時と同時にみんな一斉に下りるので、しばらく大渋滞でした(笑)

もちろん登って来る人もいるので、
すれ違えない場所も多く、
そういう時はどっちかが手前で待つんだけど、
山慣れしてる人はみんな挨拶してくれるのが嬉しかったです^^

6号路 下りです

渋滞してたので、周りのペースで歩かなくちゃいけなくて、
でも、山道はぬかるんでる場所も多く、
足元に気を付けながら歩かないといけないので、
下りはあまり写真撮る余裕なかったです

6号路は、
『水と森がテーマ。沢を横に見ながら歩けます』って書いてあったのに、
なんとビックリ!!

沢を横に見るんじゃなく、
沢の中を歩くんです~
沢の中を歩く
写真じゃ分かりにくいけど、歩いてる所は沢になってて、
水が流れてます

周りに人がいなかったら、
こんなとこ歩いちゃいけないと思って引き返してたと思う(笑)

沢~

スニーカーだった前の人は、何度も転んでて、
見てるだけで怖かったです

私たちは、一応トレッキングシューズ履いてたので大丈夫でした

沢じゃなくても、山道は湿ってる道が多いので、
やっぱ、高尾山でも山用の靴は必要ですね

ここは、滝行をする所だそうです
滝行してる時は、写真撮ったらいけないそうです
修行の滝

ここら辺で人が急に減りました

すいてきた

山~

ふちを歩く
横は崖なのに、ふちを歩く旦那・・・
止めてくれ・・・

出口~

出口だ~

下山~

下山~♪

帰りまーす
電車で帰りまーす

登りの前半、舗装された坂道が一番辛かったです
また高尾山行っても、もう1号路は絶対登らない!
同じ登るなら、山道の方がいいです

でも、4号路に入ってからは、
とっても楽しかったです(^-^)

その日の夜からふくらはぎが筋肉痛になり、
次の日は足が痛くて起きるのが辛かったですが、
夜はビックリする程ぐっすり眠れました♪
(私は寝つきが悪く、普段は中々眠れないのです)

ちなみに、紅葉にはまだ少し早くて、ほとんど見れませんでした

次のお山は、また「高尾山」です(笑)

次は、高尾山から陣馬山まで縦走したいと思います(^^)/







スポンサーサイト